従来のSiパワーデバイスに比べて、機器の電力損失を大幅に削減できる「SiC」パワーデバイスを利用する環境が急速に整ってきた。鉄道や再生可能エネルギー、自動車、産業機器といったさまざまな分野において、インバーターやコンバーター、電源といったパワーエレクトロニクス機器(パワエレ機器)で利用されつつある。