(写真:123RF)
[画像のクリックで拡大表示]

 自動運転、画像・音声認識──。AI(人工知能)の技術開発が急速に進み、様々な分野で利用が広がっている。AIスピーカーやチャットボットなど身近なAIも増えている。一方で「AIは仕事を奪い、人の知性を上回る」といった脅威論もある。

 AIが普及していくなか、人はAIとどう付き合い、どう生きていけばよいのだろうか。ビジネスパーソンはAIが浸透したとき、意識やスキルをどう変えて、どう働いていく必要があるのだろうか。

 その答えを示すような書籍がここ1~2年、相次ぎ出版されている。生命科学や情報学など様々な分野の研究者が独自の視点でAIの本質を捉えてAIとの付き合い方や生き方を書籍にまとめているのだ。

 そこで2018年に大ヒットした漫画のタイトルになぞらえて、書籍の内容や著者へのインタビューから、AI時代の生き方を見極めよう。