(撮影:日経 xTECH)

 台湾は医療データの活用を積極的に進めている。医薬品の投与記録や検査データなどをクラウドに集約しており、医師が診断に役立てたり、検査や投薬の重複を減らしたりしている。ベンチャー企業や保険会社などもデータを活用した新たなサービスの創出に活発に動く。台湾の医療データ活用の現状を現地からリポートする。