建て主が住宅会社に関連する口コミ情報を活用するのは、建築の前か、それとも後か。独自調査から、口コミ情報の活用実態を分析。「建築前」と「良い評判や情報」が鍵になると分かった。

(イラスト:柏原昇店)
[画像のクリックで拡大表示]

 近年は、インターネットをはじめ、スマートフォンの普及で誰でも簡単に様々な情報が入手できる、家電製品を買う際やレストランを探す際に、口コミ情報を活用する行為は、もはや当たり前だ。家づくりも例外ではない。

 そこで、日経 xTECH/日経ホームビルダーでは、およそ5年以内(2014年以降)に戸建て住宅を新築した建て主で、口コミ情報を参考にした経験がある618人を対象に、その活用状況を調査。実態を探った(調査概要は本記事末尾を参照)。

 回答者の属性は、男性が55.3%、女性が44.7%で、年齢層は30代前半が24.3%、30代後半が23.5%と、30代が約5割を占めた。まさに、今どきの建て主といえる。

 調査結果を分析すると、建築依頼先を選択する際に口コミ情報を活用して、吟味する様子が浮かび上がってきた。

住宅会社選びに使う
9割が口コミを参考に

 まずは、口コミ情報を参考にするタイミングから見ていこう。建築依頼先となる住宅会社を選択中の「契約前」、依頼先が決まり工事が始まった「建築中」、建物が完成して生活を始めた「入居後」の3つのタイミングに対して、それぞれ口コミ情報を参考にしたか否かを尋ねた。

 すると、契約前に口コミ情報を参考にした人の割合が特に多いと分かった。92.9%の人が口コミ情報を参考にしたと答えている〔図1〕。

〔図1〕建築のどのタイミングで口コミ情報を参考にしたか
契約前、建築中、入居後の3つのタイミングについて、口コミ情報を参考にするか否かを尋ねた。契約前は約9割の建て主が口コミ情報を参考にしていたが、建築中は約4割、入居後は約3割にとどまった(資料:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 建築を依頼した会社別に比較しても、その傾向はほぼ変わらない。全体の約9割を占める「工務店に依頼した建て主」と、「ハウスメーカーに依頼した建て主」について見ていこう。いずれも9割超が契約前に口コミ情報を参考にしていた。建築依頼先を選ぶ際には、口コミ情報が重要な位置付けを占めると分かる。

 さらに、契約前に参考にした具体的な情報源を複数回答形式で尋ねたところ、最も多かったのは「住宅に関する口コミサイト」で、73.5%に上った。「友人・知人」(39.4%)、「住宅会社が提供する建て主の体験談」(31.4%)がこれに続く〔図2〕。

〔図2〕契約前に活用し、重視した口コミの情報源は何か
建て主が建築依頼先の住宅会社を選択する際に、どのような口コミの情報源を活用しているのかを尋ねた。グラフの左は、利用した情報源を複数回答形式で答えたもので、右は中でも重視したものを示した。口コミ情報サイトは利用度も重要度も高いことが分かる(資料:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 建築依頼先別に比較すると、ハウスメーカーに依頼した建て主は、口コミサイトを利用する傾向が強いことも分かった。80.4%の人が口コミサイトを使っており、工務店に依頼した人と比べて、約14ポイント高かった。

 さらに、活用した情報源の中で、どれを最も重視したかを尋ねた。その結果、図2の右側のグラフで示すように、「住宅に関する口コミサイト」が最も多く、49.1%と半数近くに及んだ。特にハウスメーカーに依頼した建て主は口コミサイトを重視している。建築依頼先別に比較したところ、ハウスメーカーに依頼した建て主で口コミサイトを最も重視していると回答した人は56.3%と半数を超えた。工務店に依頼した建て主と比較すると、約18ポイント高い。

 注目に値するのは、「住宅会社が提供する建て主の体験談」や「住宅情報誌などの専門メディアが提供する建て主の体験談」の活用だ。口コミ情報源としては、2~3割の人が利用しているものの、これらの情報を重視している人の比率はおよそ1割と低かった。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら