山形県沖で2019年6月18日午後10時22分に発生した地震は、新潟県村上市で最大震度6強、山形県鶴岡市で震度6弱を観測したものの、今のところ死者や家屋の全壊は報告されていない。その理由について、筑波大学大学院システム情報工学研究科の境有紀教授は「発生した地震動は0.5秒以下の極短周期成分が大きかった一方、建物の大きな被害に結び付きやすい周期1~2秒の成分は小さかったからだ」とみる。

 防災科学技術研究所が運用するK-NETやKiK-netと呼ばれる強震観測網のうち、震央から北東に8kmほど離れた鶴岡市内にある観測点「K-NET温海(あつみ)」では、南北方向に633ガル、東西方向に571ガル、上下方向に214ガルの最大加速度を記録。3成分合成値では、K-NETとKiK-netの観測点の中で最も大きい653ガルとなった。

 地震動の波形から速度や加速度の応答スペクトルを分析すると、周期が0.5秒以下の成分が卓越していることが分かる。

赤色のグラフが「K-NET温海」で観測した地震動の弾性加速度応答スペクトル(減衰定数5%、水平2方向ベクトル和)。横軸は周期。赤色以外のグラフは周辺の観測点のもの。防災科学技術研究所のデータを基に、筑波大学の境有紀教授が作成
[画像のクリックで拡大表示]

 極短周期の地震動は、家具やブロック塀の転倒、屋根瓦のずれ、落下といった被害を招きやすい。今回の地震で揺れが強かった地域では、実際にこうした被害が相次いだ。対して、木造住宅などに大きな被害を与える「キラーパルス」とも呼ばれる周期1~2秒の成分は、比較的小さかった。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら