(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 タイヤがついに進化する。走る・曲がる・止まるといったクルマの基本性能を支えるだけの「黒いゴムの塊」という認識は、もはや過去の話。次世代のクルマ技術「CASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化)」の進歩に合わせ、タイヤはその役割を増やす。対応を急ぐタイヤメーカーによる提携やM&A(合併・買収)も活発になってきた。各社が投入を目指す次世代のタイヤは、自動車メーカーのCASE戦略に大きなインパクトを与える。