システムにたまった不要ファイルを整理して高速化

 PCを使い続けていると、通常は使用することのない「ごみ」がたまっていきがちだ。更新やエラーに伴うログファイル、各種のキャッシュ(一時)ファイル、ごみ箱に入れっぱなしの不要ファイルなど、自分で保存したわけではないファイルが数え切れないほど作成されていく。

 こうしたファイルはディスク容量の無駄遣いであり、動作が遅くなる原因にもなる。壊れたファイルが残っていれば、エラーの原因になりかねない。自分で出したごみはきちんと処理すべきだが、これらのファイルは自分で保存したものではないだけに気づきにくく、手動で削除するのが難しい。

 Windows 10は、こうした不要ファイルを削除するための「ストレージ センサー」という機能を備えている。だがこの機能だけでは、残念ながら掃除しきれないごみが残ってしまう。

 しっかりと掃除したいなら、「ディスククリーナー」などと呼ばれるユーティリティーソフトを使う。ここでは、多くの不要ファイルを定期的に除去してくれる「Wise Disk Cleaner」の使い方を紹介する。

WiseCleanerのWebサイトからWise Disk Cleanerをダウンロードして、インストールする
(出所:中国のWiseCleaner)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトウエアをダウンロードしてインストール後、起動したら画面の右側にある「スキャン開始」を選ぶ。これだけで、PC内の不要ファイルが検出される。ここで検出されるのは、各種の一時ファイル、ログファイル、Webブラウザーの履歴、クッキー、ごみ箱、Windowsやアプリケーションの不要ファイル、検索履歴など多岐にわたる。

操作は簡単。起動後に「スキャン開始」をクリックするだけで、不要ファイルなどの検出が始まる
[画像のクリックで拡大表示]
検出は通常1分もかからない。検出された項目が分類別に表示される。どんな項目が検出されたかを知りたければ、項目名左側にある右向き三角をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

 検出が完了したら、どのようなファイルがリストアップされているのかを表示して、本当に消してよいかをしっかり確認しよう。「クリーニング開始」を選ぶと、削除が始まる。画面右側の「スケジューラ」をオンにすれば、定期的に自動クリーンアップを実施することも可能だ。

 ここで紹介した「一般的なクリーナー」以外に、特定の拡張子を持つファイルをクリーニングする上級者用の「高度なクリーナー」や、Windowsに付属するサンプルビデオなどを削除する「システムの軽量化」といった機能もある。うっかり必要なファイルを削除するとトラブルの元となるので、分かる範囲でWindowsを掃除しよう。

検出項目の詳細が一覧表示される。削除してよい項目にだけチェックを付け、「クリーニング開始」を押すと削除が実行される
[画像のクリックで拡大表示]
クリーニング後の画面
[画像のクリックで拡大表示]