前田建設工業が2019年2月に行ったICI総合センターICIラボの開所式で、3Dプリンターによるデモンストレーションが参加者の目を引いた。当日は高さ2.8mの喫煙所のハウジングの造形を実演。1時間で1m程度の高さを積層できる能力を披露した。

造形範囲が拡大した実施工用3Dプリンターによる造形例。同社のICI総合センターICIラボの開所式で、高さ約2.8mの喫煙所を製作するデモンストレーションを行った。写真はその一部。中空構造の内部には補強用の鉄筋を挿入している(写真:前田建設工業)
[画像のクリックで拡大表示]
喫煙所の完成イメージ。断面形状はイニシャルの「ICI」をイメージした(資料:前田建設工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社が建設用3Dプリンターの研究開発を本格化させたのは、16年ごろ。労働力不足への懸念や生産性向上のニーズが高まるなか、省力化や無人化を実現するキーテクノロジーとして着目し、取り組みを加速させてきた。

 手始めに同社は、主に材料開発のための小型の室内用3Dプリンターを製作し、造形試験を繰り返した。そして、圧送時の流動性や印刷後の速硬性を兼ね備える「チキソトロピー性」を持つモルタル系材料の探求を始めた。

取り組みの端緒として製作した門型の室内用3Dプリンター。セメント系の材料を用いる。この実機で造形テストを繰り返し、積層造形に適した材料を開発するための課題を洗い出した。造形範囲は幅45cm×長さ60cm×高さ90cm (写真:前田建設工業)
[画像のクリックで拡大表示]

 「自力では限界があり、タイアップの形で素材メーカーの協力を仰いだ。手ごろな評価方法がなかったチキソトロピー性については、試験装置を自作せざるを得なかった。これまでの道のりで最大の難所だったといえる」。同社ICI総合センターICIラボの梶田秀幸スペシャリストは、こう振り返る。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら