繊維大手のクラボウが、建設産業向けのコンクリート3Dプリンティングの事業化を検討している。日経 xTECHの独自取材で明かした。2019年度内にも専用の機材を国内の工場に導入する方針で、意匠性の高い建物の外装材や景観材料など付加価値の高いコンクリート製品の領域で市場展開を狙う。

フランス南部の都市エクス・アン・プロバンスに位置する中学校の運動場に設けた屋根を支える高さ約4mの構造物。エクストリーの3Dプリンターで築造した(写真:エクストリー)
[画像のクリックで拡大表示]

 クラボウは17年秋にフランスでコンクリートの3Dプリンティングを手掛けるスタートアップXtreeE(エクストリー)との提携を開始。エクストリーの工場と機材を使い、日本で展示する試作品の製造を進めている。

 エクストリーは16年にパリで創業。独自開発した3Dプリンティング技術で高さ4m の支柱や大型のパビリオンなどを造った実績を持つ。欧州で最大手の建設会社バンシ(フランス)やセメント大手のラファージュホルシム(スイス)、ABB(スイス)、ダッソー・システムズ(フランス)といった巨大企業と提携し、現在も3Dプリンターを使った複数の建設プロジェクトを手掛けている。

 エクストリーはラファージュホルシムから3Dプリンティング専用の特殊なモルタル材の提供を受けている。3Dプリンターならではのデザイン提案に力を入れ、高い品質と意匠性を兼ね備えた技術力を強みとする。

薄いモルタルの層を重ねて施工していくことで、立体的な流線形や表層の細かな凹凸を再現できる(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら