プラネタリウムといえば高い天井に星を写すドーム型シアターを思い浮かべるだろう。しかしVR(仮想現実)技術を使ったプラネタリウムは場所を問わない。どこでもプラネタリウムを実演できる。

 そんなVRプラネタリウムを開発した1社が、コニカミノルタグループのプラネタリウム専門会社、コニカミノルタプラネタリウムだ。東京・有楽町にあるプラネタリウム施設「コニカミノルタプラネタリアTOKYO」のアトラクション「VirtuaLink」などでVRプラネタリウムを提供している。

VRプラネタリウムのアトラクション「VirtuaLink」
[画像のクリックで拡大表示]

 来場者は卵のような形をしたイスに座るが、これは単なる雰囲気作り。必要な設備はヘッドマウントディスプレーだけだ。ヘッドマウントディスプレーを装着してVR空間に入り、星空に関連した人形アニメーションを楽しむ。

 特徴はドーム型シアターでは味わえない没入感だ。提供しているタイトルの1つ「ノーマン・ザ・スノーマンVR~雪の国の大冒険~」では次のような具合である。

 登場人物は少年と雪だるま(スノーマン)。少年が森で迷子になり、自分で作った雪だるまに助けられるという物語だ。

 来場者がヘッドマウントディスプレーを装着し物語が始まると、銀世界に入り込む。雪が降り積もって真っ白になった山々、氷の張った川といった美しい景色が広がる。

 顔を動かせばヘッドマウントディスプレーが動きを感知し、違和感なく見える景色が変わる。夜の場面で見上げると幻想的な星空だ。オーロラがゆらめき、流星群が降り注ぐ。

 少年と雪だるまは人形で、本当に存在するかのように動き回る。2人の声の聞こえ方もリアルだ。前にいる場合は前から、後ろにいる場合は後ろから声が聞こえる。

 来場者はVR空間で繰り広げられる物語をただ眺めているだけではない。VR空間に変化を起こすことができる。例えば特定のシーンで1つの星座を見た状態のまま顔を動かさないでいると、雪だるまがその星座について話し出す。ストーリーを変えない範囲のちょっとした変化だが、VR空間にいるという感覚が強まる。

 こうした工夫の積み重ねにより没入感を高めている。仮想世界の一員になった感覚で、星に関係する物語を楽しむことができる。

ノーマン・ザ・スノーマンVR~雪の国の大冒険~
(出所:コニカミノルタ)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら