野球場の観客席の最前列よりさらに前。フェンスの内側でプロ野球を観戦する。スタンドの歓声に包まれながら、選手、投球、打球を間近に見る。山場の8回裏、突如放たれたホームランで興奮は最高潮に達した。隣では、遠くに住む友人が腕を振り上げて歓声を上げている――。

 ソフトバンクはこんな野球観戦を実現するVR(仮想現実)システムを開発し、福岡ソフトバンクホークスと共同で2019年3月20日から23日にかけて実証実験をした。視聴者がVR用ヘッドマウントディスプレー(HMD)を装着すると、目の前にリアルタイムの試合中継映像が広がる。VR映像の視点を切り替えたり、一緒に観戦する友人とVR空間内でコミュニケーションを取ったりできる。

ソフトバンクが開発したVR試合観戦システムのイメージ
(出所:ソフトバンク)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトバンクにとってこの実証実験には5G(第5世代移動通信システム)の訴求という狙いがある。VRには高速なネットワークが不可欠で、5Gは条件を満たす。ソフトバンクの加藤欽一 モバイルネットワーク本部 アドバンスド事業推進室 VR事業推進課 課長は「5Gネットワークが整備されれば、全国のどこからでもVRで自分が球場にいるかのように試合を観戦できるようになる」と話す。

 実証実験では、ホークスの本拠地「福岡 ヤフオク!ドーム」に3.7GHz帯と28GHz帯の5Gネットワークを構築。VRカメラの映像を球場の上部に設置した5G基地局に送り、そこから参加者のいる観戦ルームに設置した5Gの受信端末に伝送した。

 ヘッドマウントディスプレーには、米フェイスブックテクノロジーズの「Oculus GO」を採用。Oculus GOに観戦ルーム内のWi-Fiルーターを介して映像を受け取る仕組みだ。実験では報道陣の他、抽選で選ばれたホークスファンも参加した。

左から、ソフトバンク モバイルネットワーク本部 ネットワーク企画統括部 技術企画部 ネットワーク企画課の藤野矩之課長、同本部 アドバンスド事業推進室 VR事業推進課の加藤欽一課長
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回のVR観戦システムの特徴は3つある。

 1つめは臨場感を生む高精細なVR映像だ。魚眼レンズを取り付けた4K解像度の一眼レフカメラを2台並べて両目の映像を撮影し、180度のパノラマ映像として配信した。実証実験では、LTE回線を利用した場合と比べてビットレートを5~10倍に高められたという。

 2つめは視点の切り替え機能である。VR映像を撮影するカメラをバックネット、1塁側、3塁側、ライトスタンドの4カ所に設置し、視聴者1人ひとりが好きなタイミングで視点を切り替えられるようにした。高速な5Gネットワークの特長を生かし、常に全てのカメラ映像をヘッドマウントディスプレーにストリーミングしておくことで、速やかに視点を切り替えられるようにしたという。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら