高規格幹線道路の供用延長は、2018年4月時点で計画延長約1万4000kmの83%。特に最近は首都圏の環状道路が相次いで開通し、ネットワークが形成されてきた。

日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です。