平時から災害が発生した際のことを想定し、どのような被害が生じても対応できるよう、復興に役立つソフト面の対策を事前に準備しておくこと。例えば、(1)被災後の復興の手順や進め方を記した計画やマニュアルを作成しておく、(2)復興まちづくりの知識を持つ人材を育成しておく、(3)復興計画の検討体制を構築しておく、(4)被災後のまちのあるべき姿をグランドデザインとして位置付けておくことなどが挙げられる。

日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です。