国土交通省が1993年に定めた「建設工事公衆災害防止対策要綱」では、建設工事に伴う公衆災害を「工事関係者以外の第三者の生命、身体および財産に関する危害並びに迷惑」と定義。防止に向けて必要な計画や設計、施工の技術基準をまとめている。

日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です。