経営環境の好転などを背景に、建設産業への新規入職者数が回復しつつある。例えば大学や高等学校などの卒業生(新規学卒者)の入職は2009年の2.9万人から徐々に増え、14年以降は4万人前後で推移している。女性の就業者も増えつつある。

日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です。