工知能。AI(Artificial Intelligence)の歴史は大きく三つの段階からなる。いまも続く第三次AIブームは、狭義の「機械学習」と広義の機械学習の一つである「ディープラーニング(深層学習)」とに分けられる。AIの進展に欠かせないのが、ビッグデータだ。大量のデータを用いることで、まずはAI自身が知識を得る機械学習が実用化された。次いで、知識を定義する要素をAIが自ら習得する深層学習が登場した。コンピューターに人間のような学習能力を持たせる技術だ。

日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です。