ビッグデータとは構造化されていないものも含む膨大な量のデータ群。行政機関が保有する公共データなど広く開かれた利用が許可されているデータはオープンデータと呼ばれる。社会資本の整備や維持管理、運営、自然災害への対応といった様々な分野で活用する機運が高まっている。例えば維持管理では、オープンデータを活用したオープンイノベーションによって、老朽化の予測手法やアセットマネジメントシステムなどの解析モデルを構築するとともに、防災・減災の分野にも展開する。

日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です。