必須科目の論文では、2003~06年度は「一般的専門知識」が、07~12年度は「論理的考察力と課題解決能力」がそれぞれ対象でした。19年度の試験では「専門知識、応用能力、問題解決能力および課題遂行能力」が求められます。例えば、問題解決能力では出題テーマに関する問題点を見つけ出す能力が、課題遂行能力ではその問題点を解決するうえでの課題(障害)と解決策を説明できる能力が、それぞれ問われます。

日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です。