「フランスのボルドー」と聞くと、おそらく大半の日本人はワインを思い浮かべるだろう。これほど地名と、その名産品が結びつく街は世界でもまれだ。ボルドーは、フランス南西部のヌーヴェル・アキテーヌ地域圏に位置する。2019年6月28日、総合文化センター「MÉCA(Maison de l’Économie Créative et de la Culture en Nouvelle- Aquitaine)」が開業を迎えた。

南フランスのボルドーで2019年6月28日にオープンした総合文化センター「MÉCA」(写真:武藤 聖一)
[画像のクリックで拡大表示]

 一般公開されたMÉCAは,アキテーヌ地域圏に拠点を置く3つの文化組織が館内をシェアする。モダンアートを展示するOARA(Office Artistique de la Région Nouvelle Aquitaine)と、演劇シアターを運営するFRAC(Fonds Régional D'Art Contemporain Nouvelle Aquitaine)、そして映画館とライブラリーを運営するALCA(Agence Livre Cinéma & Audiovisuel en Nouvelle Aquitaine)だ。

MÉCAのロゴを示すモダンなシャンデリア。たそがれ時になると、LED照明が点灯する(写真:武藤 聖一)
[画像のクリックで拡大表示]

 施設の総事業費は6000万ユーロ(約73億円)で、約3年の工期を経て完成した。建物の高さは37m、地上6階建てで、延べ面積1万8000m2の規模だ。

 MÉCAはボルドーにおけるウオーターフロント開発の一環として位置付けられたプロジェクトだった。ボルドー・サンジャン駅の東、ガロンヌ川の岸辺に立地している。もとは食肉市場があった場所で、市場移転後、跡地活用が話題となっていた。06年、当時のFRAC理事長だったAlain Rousett氏が、OARAやALCAと組んで文化拠点としてMÉCAの建設を提案した。

 11年に開かれた国際コンペには世界中から152チームが参加。デンマーク・コペンハーゲンを拠点とする設計事務所BIGと、仏パリに拠点を置くFREAKS Architectsのチームによる案が勝ち残った。

屋上テラスから見るボルドー市街とガロンヌ川の風景(写真:武藤 聖一)
[画像のクリックで拡大表示]

 19年6月28日に開かれたオープニングのセレモニーで、BIGの創設者兼クリエーティブディレクターであるビャルケ・インゲルス氏は施設について次のように語った。「OARA、ALCAおよびFRACが入館した今日、施設を構成する最後の要素は、都市とボルドーの市民だ。この都会的な空間を空白のキャンバス、または空のフレームと考えてアイデアや創造性、文化でそれを満たし、ボルドー市民のものとしてほしい」

展示スペースの窓辺に立つBIG創設者のビャルケ・インゲルス氏(写真:武藤 聖一)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら