国土交通省が「CIM原則化」へのアクセルを踏んでいる。直轄事業への導入は、2018年度に212件と前年度比プラス6割の急増。19年度は400件とさらに倍増させる計画だ。

 その後も直轄事業への適用を拡大。ICT(情報通信技術)の活用で建設現場の生産性の2割向上を目指す25年には原則、全直轄事業で実施できる体制を整える。

国土交通省の直轄事業へのCIM導入件数。同省は2018年5月からCIMの名称を「BIM/CIM」に変更。日本で建築分野の3次元化を指すBIMは、海外では土木も含む建設分野全体の3次元化を意味する。国際標準に合わせるため、名称を変更した(資料:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]

 Construction Information Modeling(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)の略であるCIMは、調査・設計から施工、維持管理まで3次元データを活用することで、作業のミスや手戻りを減らし、建設生産の効率化を図る取り組みだ。

 単なる3次元 モデルの作成ではなく、モデルに材料や強度など様々な情報を付与。建設生産の各段階でデータをやり取りしながら、事業全体の効率的な運営を図ることを目的としている。そのため、CIMの「M」をManagement(マネジメント)の略とする捉え方もある。

CIM原則化に向けたロードマップ。2025年に全直轄事業でCIMを原則適用する。赤枠は日経コンストラクションが加筆(資料:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら