3次元データを活用して建設生産の効率化を図るCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング/マネジメント)――。国土交通省は2025年に全直轄事業への原則適用の方針を打ち出している。迫り来る「CIM時代」に向け、最近の動向などを紹介する。

(資料:国土交通省)

[目次(カッコ内は掲載予定日)]

  • 調査から維持管理まで、国交省がCIMを原則化(6月6日)
  • 道路から住宅まで、どこまで広がるCIMの網 (6月11日)
  • 契約から納品まで、CIM関連指針が続々登場 (6月13日)
  • 民から官まで、それでも残るCIM普及への壁 (6月18日)
  • 定義から指針まで、今さら聞けないCIMの基本(6月20日)
※掲載予定記事のタイトル、内容は予告なく変更することがあります。ご了承ください。