建築から数十年を経ていても、省エネ計算に基づく設計で断熱・気密を刷新し、最先端の省エネ性能を備える現代的スペックのすまいに仕立て直すことができる。各地の先進的な改修例から3ケースをピックアップし、それぞれのディテールを読み解いて高性能水準に改修するためのポイントを紹介する。

[画像のクリックで拡大表示]

*掲載予定記事のタイトル・内容は予告なく変更することがあります。ご了承ください。

出典:日経ホームビルダー、2019年6月号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。