SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)で広まるいじめを防ぐべく、写真共有アプリ「インスタグラム」にAIを活用したいじめ防止機能が導入される。次々と投資先を拡大するソフトバンク・ビジョン・ファンドによる新たな出資が承認された。

[1]インスタグラムにいじめ防止機能を導入

 米フェイスブック(Facebook)傘下の米インスタグラム(Instagram)は写真共有アプリで不適切なコメントを入力している利用者に対し、注意喚起する制度を導入した。2019年7月8日、明らかにした。AI(人工知能)を活用し、いじめなどの不快で有害なコメントを検知する。画面に確認メッセージを出し、内容の再検討や投稿の中止を促す。特定の利用者からのコメントを投稿者本人が気付かない方法で非表示にする「Restrict(制限)」と呼ぶ制度を試験的に導入することも明らかにした。

(出所:インスタグラム)
[画像のクリックで拡大表示]

[2]ソフトバンクのGM系自動運転企業への出資、米当局が承認

 ソフトバンクグループ傘下のビジョン・ファンドによる米GM(General Motors)系自動運転企業、GMクルーズホールディングス(GM Cruise Holdings)への22億5000万ドル(約2400億円)の出資を米当局が承認した。英ロイター通信が2019年7月6日、報じた。国家安全保障への影響を検討する対米外国投資委員会はソフトバンクグループと中国企業との関係を調査していた。技術を流出しないとの確約をGMクルーズから得て、許可を出した。

[3]アマゾンと英国民保健サービスが「アレクサ」で医療情報

 英国民保健サービス(NHS)は米アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)と連携する。健康関連の情報をAIアシスタントサービス「アレクサ」を介して提供する。NHSが2019年7月10日、明らかにした。例えば、利用者がアレクサに病気に関する質問をすると、NHSのウェブサイトに掲載されている情報を検索し、結果を音声で伝える。医療サービスのデジタル化を推進するNHSの長期計画の一環だという。

[4]ウェイモ、無料Wi-Fiなどの車内サービスを拡充

 米グーグル(Google)系の自動運転開発会社のウェイモ(Waymo)は車内サービスを拡充し、他社との差異化を図っている。ロイター通信が2019年7月8日、報じた。同年4月には音楽配信サービスを始めた。現在は一部の利用者を対象に無料のWi-Fi接続を提供している。迎車時はあらかじめ快適な室温に調節しておく。全ての車両は大人3人と子ども2人が座ることができるという統一仕様で、チャイルドシートも装備する。運転席に座るセイフティードライバーは会話を控えるなど、利用客個人の空間と時間を重視した接客を目指しているという。

[5]アマゾンのFire TVでYouTubeを復活、グーグル端末にはプライムビデオ

 グーグルは「Fire TV」をはじめとする米アマゾン・ドット・コム製の動画配信端末やソフトウエア搭載テレビで「YouTube」の公式アプリを利用できるようにした。2019年7月9日、明らかにした。一方、グーグルの動画配信端末「Chromecast」やOS「Android TV」搭載のテレビでアマゾンの動画配信サービス「プライムビデオ」を利用できるようにした。グーグルは2018年1月、「相互関係の欠如」を理由に、YouTubeアプリのアマゾン製端末への提供を中止した。両社は2019年4月に和解を発表。それぞれの動画サービスを、互いの機器に提供することを明らかにしていた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら