米ウェイモ(Waymo)の自動運転技術による乗客輸送サービスの地域が拡大。米アップル(Apple)の新型「Mac Pro」は中国で製造と報じられた。前モデルが米国製造となったときには「米国の製造業回帰」の象徴ともいわれたが、やはり容易ではなかったようだ。

[1]ウェイモ、カリフォルニアで自動運転の乗客輸送が可能に

 米グーグル(Google)系の自動運転会社のウェイモ(Waymo)は、米国カリフォルニア州公益事業委員会から自動運転旅客サービスの試験プログラムに参加する許可を得た。米テッククランチが2019年7月2日、報じた。同州で乗客輸送業務が可能になる。客から料金を得ることはできない。ドライバーが運転席に座って運行するという条件もある。ウェイモは2018年12月、同様の認可をアリゾナ州で取得し、フェニックスとその周辺地域で一般の客を対象にした自動運転の配車サービスを行っている。

[2]アップル、「マックプロ」の新モデルを中国で製造中

 米アップル(Apple)が同社製パソコンの最上位機種「マックプロ(Mac Pro)」の製造拠点を中国に移していると米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が2018年6月28日に報じた。同月3日に開催した開発者向け年次会議で発表した2019年秋発売予定のモデルで、価格は5999米ドルから(約65万円から)。2013年に発売した前モデルは米国で製造していた。関係者によると、台湾の大手ODM(相手先ブランド設計製造業者)の広達電脳(クアンタ)に委託し、上海近郊の工場で製造を拡大している。取引先のサプライヤーの拠点が上海の近くにあるため、部品輸送コストを低く抑えられるという。

(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

[3]アップルCEO、デザイン責任者の退任報道に反論

 アップルのジョナサン・アイブ最高デザイン責任者(CDO)の退任に関する一部報道の内容をティム・クック最高経営責任者(CEO)が強く否定したと米NBCが2019年7月1日、報じた。WSJは2019年6月30日付の記事で、「クックCEOの製品デザインプロセスに対する関心の薄さに、アイブ氏が不満を募らせていた」などと報じた。これについてクックCEOは「ばかげている」とコメントした。アップルのデザインチームが実際にどのような仕組みで機能しているのかを理解しておらず、事実と異なると反論した。

[4]グーグル系のドローン企業が事業拡大で専門職を募集中

 グーグルの持ち株会社である米アルファベット(Alphabet)傘下で、ドローンメーカーの米ウイング(Wing)が事業拡大のため、数十人の専門職を募集していると、米CNBCが2019年6月28日に報じた。法務チームに加わり知的財産やプライバーシー保護、製品開発などについて助言する「プロダクト・カウンセル」や政策チームに加わり認可取得や規制戦略などを担当する「アビエーション・レギュラトリー・リード」、小型UASの「チーフパイロット」などを募集しているという。ウイングは2019年4月、FAA(米連邦航空局)から航空運送業者の認可を取得した。ドローンを使って食事や市販薬などを配達するサービスを全米各地で展開したい考え。

[5]「FAANGへの課税を徹底すべきだ」、英首相候補が提言

 米国の「FAANG」に代表される国際的なテクノロジー企業への課税を徹底すべきだと、英国の与党・保守党党首選に立候補しているボリス・ジョンソン前外相が訴えた。英ロイター通信が2019年7月4日、報じた。同氏は「大通りに店を出す企業は多額の税金を支払っている。一方でインターネットの巨人は事実上何も支払っておらず、極めて不公正な状態」と指摘。英国は課税の方法を見いだすべきだと提言した。米フェイスブック(Facebook)、アップル、米アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)、米ネットフリックス(Netflix)、グーグルの頭文字からFAANGと呼ぶ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら