米テスラ(Tesla)が新型「モデルY」の生産計画を発表。米アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)は自社イベントで新型ドローンを披露した。ビル・ゲイツ氏は人工知能(AI)チップに投資。GAFAの反トラスト法を巡る動きも慌ただしくなってきた。

[1]テスラ、SUV「モデルY」をフリーモントの工場で生産へ

 米テスラ(Tesla)は、電気自動車(EV)の新しい小型SUV(多目的スポーツ車)「モデルY」を米カリフォルニア州フリーモントの工場で生産する計画を明らかにした。2019年6月2日に配信されたポッドキャスト番組のインタビューで、最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏が語ったと、英ロイター通信が報じた。モデルYの生産について、テスラはこれまで、ネバダ州とカリフォルニア州のどちらで生産するか、決めていなかった。今回、必要な部品が近場で調達できるなどの理由からカリフォルニア州に決めたという。同モデルは、2020年後半に北米向けの生産を開始する。欧州と中国向けの生産は、2021年初頭に始める予定。

[2]ゲイツ氏ら、高性能AIチップの米新興企業に出資

 米マイクロソフト(Microsoft)の共同創業者ビル・ゲイツ氏、米ウーバーテクノロジーズ(Uber Technologies)の共同創業者トラビス・カラニック氏のファンドなどが、シリコンバレーの人工知能(AI)チップの新興企業ルミナス・コンピューティング(Luminous Computing)に出資した。米CNBCが2019年6月4日に報じた。今回のシードラウンドで900万米ドルを調達した。ルミナスはシリコンフォトニクス半導体を研究・開発しており、AI用のTPUプロセッサー搭載ボードで3000枚相当の処理能力を1チップで実現することを目指している。

[3]アマゾンが新型ドローン披露、数カ月以内に商品配達

 米アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)は2019年6月5日、ラスベガスで開催したカンファレンス「Amazon re:MARS」で新たなドローンを披露した。eコマース商品を配達するもので、数カ月以内に最初の運用が始まると見込んでいる。約2.3kgまでの荷物を運び、最長24kmの飛行が可能。顧客宅の庭に30分以内で商品を届けられるとしている。垂直に離陸した後、一定の高度になると、回転翼の角度を変えて水平飛行する。独自開発したコンピュータービジョン技術で課題を克服したという。

アマゾン・ドット・コムが披露した新型ドローン(出所:アマゾン・ドット・コム)
[画像のクリックで拡大表示]

[4]アップル、自動運転開発の米新興企業の買収を検討

 米アップル(Apple)は、シリコンバレーの自動運転車開発企業ドライブ・エーアイ(Drive.ai)の買収を検討している。米メディア「ジ・インフォメーション(The Information)」が2019年6月5日に報じた。人材や技術の獲得を目的とする買収形態「アクイ・ハイア(acqui-hire)」になるという。ドライブ・エーアイはスタンフォード大学のAI研究所の科学者らのグループによって設立された。自動運転の他、他車のドライバーや歩行者とコミュニケーションを取るシステムの開発も手掛けている。

[5]グーグルのゲーム配信、11月に欧米14カ国で開始

 米グーグル(Google)は2019年6月6日、ビデオゲームのストリーミング配信サービス「スタディア(Stadia)」を同年11月に米国や英国、ドイツ、フランスなど欧米14カ国で始めると発表した。米国におけるサブスクリプション料金は月額9.99米ドル。当初、約30種類のゲームを配信する。2020年には、サービス提供国を増やす予定。ゲームはサーバー側で実行し、画面情報をスマートフォンやパソコン、ネットにつないだテレビなどに送る。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら