日立製作所の情報・通信システム部門、通称「マル情」の営業利益率が10%を超えた。富士通とNECに次ぐ国内IT業界の「三男坊」が、3社の中で一番乗りを果たした。次のハードルは全社での利益率2桁。「Lumada」事業の成否が鍵を握る。

日立のIT関連の主な動き
非中核事業を切り離し、Lumada関連に集中
写真提供:日立製作所(インドステイト銀行の看板除く)
[画像のクリックで拡大表示]

 2008年度に国内製造業で過去最大規模となる7873億円の赤字を計上した。非中核事業を切り離しながら、Lumadaに経営資源を振り向けることで、営業利益は2期連続で過去最高を更新した。

連結業績の推移
2期連続で営業最高益を更新
注:2014年度からIFRS(国際会計基準)適用。2013年度以前は米国会計基準
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら