DNSサーバーは大きく二種類に分かれる。ゾーン情報を答える「コンテンツサーバー」と、リゾルバーの問い合わせに応答する「フルサービスリゾルバー」である。

 多くの場合、クライアントパソコンはフルサービスリゾルバーをDNSサーバーとして設定・登録している。コンテンツサーバーとフルサービスリゾルバーは互いに連携して動いている。

DNSサーバーの種類とその役割
[画像のクリックで拡大表示]

 名前解決をするために、まずクライアントのリゾルバーがフルサービスリゾルバーに問い合わせを行う(図の(1))。問い合わせを受けたフルサービスリゾルバーは、図に示した反復問い合わせを行ってIPアドレスを調べる(同(2))。

 コンテンツサーバーから目的のIPアドレスを得ると(同(3))、フルサービスリゾルバーは問い合わせのあったクライアントのリゾルバーにIPアドレスを教える(同(4))。

 フルサービスリゾルバーは、名前解決の結果を一定時間保存する。その時間内に問い合わせがあると反復問い合わせを実行せず、保存結果をリゾルバーに返す。このため、キャッシュサーバーと呼ばれることもある。

 DNSでは、コンテンツサーバーとフルサービスリゾルバーの連携やキャッシュによって、LAN内の混雑を低減させる。なお、フルサービスリゾルバーは通常LAN内に設置するか、もしくはインターネットプロバイダーが用意したものを利用する。

特殊なアドレスを使って逆引きを行う

 名前解決は、通常ドメイン名からIPアドレスを調べることを指す。しかし、逆にIPアドレスからドメイン名を調べることを指す場合もある。これを逆引きという。

 逆引きには、「in-addr.arpa」という特殊なアドレスを使う。目的のIPアドレスの各数字を逆順にし、その後ろにin-addr.arpaを加える。それをリゾルバーがIPアドレスを調べるときと同様の手順で名前解決を実行する。

 ただしWebサーバー設置者には、逆引きできるようにDNSサーバーを設置する義務はない。そのため、逆引きは失敗することがある点に注意が必要だ。

POINT
  • 名前解決では、最上位のルートDNSから順番に問い合わせていくことで、目的のドメイン名のIPアドレスがわかる。
  • DNSサーバーはゾーン情報を答えるコンテンツサーバーと、リゾルバーの問い合わせに応答するフルサービスリゾルバーに分かれる。両者の連携によってネットワークの混雑を防げる。
出典:日経NETWORK、2010年2月号 pp.100-102 「図解で学ぶ ネットワークの基礎講座 ドメイン空間とDNS その2」を改題および再構成
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。