すべてのモノがネットワークにつながるIoT時代、IT技術者ならネットワークに関する基本的な知識は不可欠だ。そこで本特集では日経NETWORKの過去記事を再編集。全12回で基本的なネットワーク技術を分かりやすく解説する。

 URLやメールアドレスなどに使われるドメイン名は、DNSの仕組みによってIPアドレスに結び付けられている。クライアントパソコンにはリゾルバーというソフトウエアが稼働しており、DNSサーバーと通信してドメイン名からIPアドレスを調べる。これを名前解決という。

 「Webブラウザーで目的のWebページを開く」「メールソフトでメールを送る」「FTPサーバーからファイルをダウンロードする」といった操作は、名前解決によって実現できている。

 今回は、名前解決に至るまでのリゾルバーとDNSサーバーの具体的なやりとり、特に複数のDNSサーバーがどのように連携して働いているのかを取り上げる。

ドメイン名の後ろから順番に問い合わせていく

 ドメイン名からIPアドレスを調べるときは、上位のドメインを管理するサーバーから順番に問い合わせる。

 上位のドメインとは、下の図のようなツリー構造の上に位置するドメインのこと。最上位はルートドメインである。

IPアドレスはルートDNSから順に尋ねればわかる
[画像のクリックで拡大表示]

 「tech.nikkeibp.co.jp」のIPアドレスを調べる場合、ルートDNSにjpドメインを管理するDNSサーバーのIPアドレスを問い合わせる(図の(1))。

 jpドメインを管理するDNSサーバーのIPアドレスがわかったら(同(2))、次にこのサーバーにco.jpドメインを管理するDNSサーバーを問い合わせる(同(3))。この手順を繰り返し、最終的にitpro.nikkeibp.co.jpのIPアドレスがわかる(同(8))。

 このように繰り返しDNSサーバーに問い合わせることを、反復問い合わせと呼ぶ。