米アップル(Apple)は2019年6月3日(米国時間)より、米サンノゼで開発者向けイベント「WWDC 2019」を開催した。初日冒頭の基調講演だけでも2時間超え。発表内容は多岐にわたり、かなりのボリュームだった。

 アップル製品に囲まれている筆者にとっては、2019年秋以降にリリースされる新機能が日常を変える予感がして、今から楽しみだ。

 ここでは筆者が特に期待している、iPadに関係するアップデートを中心にイベントを振り返っていこう。

「iPadOS」について説明する米アップルのクレイグ・フェデリギ氏
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

iPadの大画面を生かす「iPadOS」

 これまで、iPadとiPhoneのOSはどちらも名称は「iOS」だったが、次のバーションからはiPad用のOSが「iPadOS」として独立する。以前からiPadでしかサポートされない機能や、同じ機能でも操作方法が異なる形で搭載されるなどの違いはあったので、名称が違うほうがこれからiPadを使おうと考えている人にも分かりやすいと思った。ちなみにiPhone用のOSはiOSのままだ。

 2019年秋に登場予定のiOS 13でサポートされる「ダークモード」や新デザインの「写真」アプリといった機能もiPadOSでサポートされ、iPadOSが「iPadOS 13」とナンバリングされていることを考えると、iOSとiPadOSはこれまでのように足並みをそろえて進化していくと思われる。

2019年秋に登場予定の「iPadOS」では、ウィジェット画面をスライド操作でホーム画面に表示し、同時に確認できるようになる。また「ダークモード」などiPhone用の「iOS 13」の新機能も同様にサポートされる。
(出所:アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPadOSでは、iPadの大画面をより生かす機能が追加されたり、見直されたりしている。

 まずは操作の全てに関わるホーム画面。イベントでは12.9型のiPad Proの横向き画面を見せていたが、アプリアイコンが横に6つ並んでいた。iOS 12では5つ。1画面に並べられるアプリが増え過ぎても便利にはならないと思うが、今までの5つよりは間延びした感じがない。

 また画面の左から内側にスワイプするとウィジェットが画面の3分の1ぐらいの範囲にせり出してくる。ホーム画面は左の3分の2に圧縮されるが表示され続け、どちらも操作可能だ。

iOS 12のウィジェットは独立した1画面になっており、それまでの作業や思考の流れを分断してしまう。また横向きでは特に、左右に無駄な空間がありiPadの大画面が生かされていない
(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 ウィジェットは対応アプリから自分の欲しい情報を、欲しい形で常に表示できるので、現時点でも活用しがいのある機能だ。

 しかしこれまではウィジェットを表示すると、画面が完全に切り替わり作業や思考の流れが中断されてしまう感じがあるため、呼び出そうとは思えないこともあった。

 デモではホーム画面でウィジェットを表示するだけだったが、ほかのアプリではどうなるのか気になるところだ。現時点では「通知センター」を表示して、さらに右にスワイプしてウィジェット画面を表示しなければならない。もっと簡単な操作で呼び出して、画面を覆い隠すことがなければ、ウィジェットの利用価値は一層高まると筆者は考える。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら