マツダは2019年5月24日、新型車の「MAZDA3(マツダ3)」を発売した(図1)。燃料がガソリンでありながら圧縮着火を可能にした「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」を採用する、新型エンジン「SKYACTIV-X」搭載モデルを用意するのが特徴だ。ボディータイプは、ハッチバックの「マツダ3 ファストバック」と、セダンの「マツダ3 セダン」がある。

図1 マツダ3のセダン(左)とハッチバック
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 「マツダ3」は、同社のCセグメント車「アクセラ」の後継車に相当する。Cセグメントは、ドイツ・フォルクスワーゲン(Volkswagen、VW)の「ゴルフ」やドイツ・ダイムラー(Daimler)のメルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)「Aクラス」といった強力なライバルが多い。マツダにとって「マツダ3」は、生き残れるか否かを占う意味でも重要な1台だ。

 同社は、マツダ3を新世代商品の第1弾と位置付ける。力を注いだのはエンジンだけではない。プラットフォームは、同社が新たに開発した「スモール」と呼ぶ新型に刷新した。外観は、深化させた「魂動(こどう)」デザインとした。さらに、これまで国内と海外で異なっていた車種名を統一。世界で共通の名称に改めた。

 発表会の冒頭、常務執行役員の福原和幸氏は「全ての領域の質感を磨き、自信を持って届けられる商品に仕上げることができた」と述べた(図2)。

図2 マツダ常務執行役員の福原和幸氏
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら