日経BPが発行した「コンクリート診断士試験 重要キーワード120」をもとに、打音法、サーモグラフィー法、電気防食工法、表面含浸工法といったキーワードについて、再確認しておく。

打音法・サーモグラフィー法

 コンクリート表面をハンマーなどで打撃した際に生じる弾性波を、マイクなどによって計測。コンクリート内部の状況を把握する手法が打音法だ(図1)。

図1■ 打撃音の発生概念
[画像のクリックで拡大表示]

 通常は可聴域である20Hzから数キロヘルツ程度の周波数の音を使用する。衝撃弾性波法と比較して、周辺の騒音の影響を受けやすい。それでも、コンクリートの表面性状の影響を受けにくい。測定方法が簡易な点も長所となっている。

 サーモグラフィー法も非破壊試験の1つである。コンクリート表面から放射される表面温度に対応した赤外線エネルギーを計測して温度分布を取得する方法だ。

 コンクリート内部に空洞などがあれば、その部分が断熱層となり、問題のない健全部と比べた場合に温度差が生じる。サーモグラフィー法では、こうした原理を利用して、コンクリート表面の温度分布から内部欠陥の有無を判定する(図2)。晴天時に測定を行ったり、対象物の正面から画像を取得したりするなど、測定方法には留意する。

図2■ サーモグラフィー法による欠陥検出の原理
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら