製薬企業のファイザーは、禁煙の支援に向けたLINE公式アカウントを2019年初頭に開設した。服薬や喫煙の記録に応じて、チャットボットが禁煙のための応援メッセージなどを送付する。禁煙支援にLINEを活用した理由などを、ファイザー インターナルメディスン部門 マーケティング統括部 ブランドマネージャーの和田晃典氏と、協業した電通アイソバーの担当者に聞いた。

右からファイザー インターナルメディスン部門 マーケティング統括部 ブランドマネージャーの和田晃典氏、電通アイソバー エクスペリエンスデザイン部 プランニンングディレクターの神澤氏、同コミュニケーションデザイナーの神松氏
(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

禁煙支援のLINE公式アカウントは、どのように利用するのですか

和田氏 禁煙外来でファイザーの禁煙補助薬を処方されたニコチン依存症の患者さんを対象にしています。処方時に医師から患者さん渡される、当社が提供している「禁煙手帳」に記載のQRコードを読み込んで友達登録し、禁煙補助薬服用の有無などの質問に答えると使えるようになります。個人情報は取得していません。

 利用が始まると、日々の禁煙補助薬の服薬状況や喫煙の本数を記録していきます。記録の内容に応じて、チャットボットが「お薬を服用し始めて10日目となりました。毎日がんばられていますね!」といった応援メッセージを送付します。この他に、禁煙外来の通院予定日を入力すると、前日に通知メールが届く機能もあります。このような機能で、治療の継続をサポートします。患者さんに伴走して治療の支援をするものです。

禁煙支援の公式アカウント
(出所:ファイザー)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら