世界の大手自動車メーカーが「車載Ethernet」の採用にかじを切り始めた。2019年以降、さらに採用企業が増える見込みだ。その発端はトヨタ自動車。同社は2007~2008年に採用を検討し始めた。以来、車載EthernetはBMWが採用するなど着実に利用が進んできた。本連載ではオフィスなどIT現場のEthernetとは全く異なる車載Ethernetの歩みを振り返る。

「人とくるまのテクノロジー展2019」に展示されていた車載Ethernetの評価用ハードウエア(撮影:日経 xTECH)