トヨタ自動車が2019年5月17日に日本で発売した新型スポーツカー「スープラ」(5代目、図1)――。同社はその一部グレード(「RZ」「SZ-R」グレード)に、アダプティブ・バリアブル・サスペンションシステム(AVS)を設定した(図2)。それにより運転者が選択した走行モードや路面状況に応じて4輪のショックアブソーバーの減衰力を連続的に制御し、走りと乗り心地の高い次元での両立を図ったという。

図1 トヨタが2019年5月17日に日本で発売した新型スポーツカー「スープラ」
図1 トヨタが2019年5月17日に日本で発売した新型スポーツカー「スープラ」
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 後部サスペンション用のAVS
図2 後部サスペンション用のAVS
マルチリンク式サスペンションに取り付けられるようにしたもの。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら