トヨタ自動車は2019年5月17日、新型の高性能スポーツ車「スープラ」を日本で発売した(図1)。5代目に当たる新型車は、2002年に生産終了した4代目から17年ぶりの復活となる。

 自動車の在り方が大きく変わろうとしている昨今において、スポーツ車を販売することについて、トヨタは次の車づくりに必要なことと捉える。トヨタの副社長でGAZOO Racing Companyのプレジデントを務める友山茂樹氏は「より安全性能が高い車を開発するためには、スポーツカーの開発が大きく貢献できる」と述べる(図2)。

図1 新型「スープラ」の最上位モデル「RZ」
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 スープラを発表するトヨタの副社長でGAZOO Racing Companyのプレジデントを務める友山茂樹氏
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本では3つのグレードを用意、3Lの直列6気筒ツインスクロール・ターボチャージャー・エンジンを搭載した最上位の「RZ」の他に、2Lの直列4気筒ツインスクロール・ターボチャージャー・エンジンを搭載した高性能版の「SZ-R」と通常版の「SZ」がある。いずれも、駆動方式はFR(前部エンジン・後輪駆動)。変速機は8速AT(自動変速機)を採用した。オーストラリアのマグナ・シュタイヤーのグラーツ工場で生産する。

 価格(税込み)は、RZが690万円、SZ-Rが590万円、SZが490万円。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら