2019年4月、えりすぐりのスポーツテックを提供する100社以上のスタートアップが東京に集結した。電通とシリコンバレーのベンチャーキャピタルのスクラムベンチャーズが共催する、スポーツテック関連のスタートアップ支援プログラム「SPORTS TECH TOKYO」のキックオフイベントに参加するためだ。連載第2回は、今、スポーツ界で注目を集める「脳」に関するイノベーションを紹介する。目的は「パフォーマンスの改善」「トレーニングの効率化」「脳震盪(のうしんとう)の判定」「疲労度の測定」「メンタルの可視化」など幅広い。

 「2017年は空席が目立った学会発表の聴衆が、2018年には米国のプロチームの関係者などで満員の状況だった」

 2017年1月に「スポーツ脳科学(Sports Brain Science:SBS)プロジェクト」を立ち上げ、脳とスポーツの関連性の研究に携わるNTTの柏野牧夫氏(NTTコミュニケーション科学基礎研究所 NTTフェロー スポーツ脳科学プロジェクト統括)は、米国の脳科学に関する学会に参加した際、この分野に対する関心の急速な高まりに驚いたという

 これまでスポーツ界に限らず、「脳」への作用を売り文句にする製品やサービスは数知れないが、その中には科学的な裏付けが不十分なものもあった。しかし、近年の脳科学の進展によって、科学的なエビデンスに基づくものが増えており、「勝利」が最重要課題であるプロスポーツ界からの注目が、特に高まっている。

 「SPORTS TECH TOKYO」にも、脳に関する製品やサービスを手掛けるスタートアップが複数参加した。共通しているのは、大学や軍関係の研究成果を基にしており、さらに関連する研究論文や、実践した結果を積極的にWebページで公開していることだ。

 例えば、脳を微弱な電流で刺激しながらトレーニングをするためのヘッドホン型デバイス「Halo Sport」を開発した米国のHalo Neuroscienceは、そういった企業の1つである。同デバイスは、米国のメジャー・リーグ・ベースボール(MLB)やナショナル・フットボール・リーグ(NFL)、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)などに所属するチームが、既に活用している。

 Halo Neuroscienceは2016年に最初のモデルである「Halo Sport」を発売し、2019年にはその改良版である「Halo Sport 2」を投入した(図1)。頭頂部から側頭部にかけて突起状になった部分があるが、これが電極で脳に刺激を与える。電極部の突起はスポンジのように柔らかく、専用の液体を染み込ませて装着する。

図1  米Halo Neuroscienceが開発した「Halo Sport 2」
2016年に初代モデルを、2019年4月に最新のモデル「Halo Sport 2」を発売した。価格は同社のWebページによると、349米ドル(2019年6月現在)(撮影:日経xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら