本記事は、日経エレクトロニクスの過去記事を再掲載したものです。社名や肩書きは執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 業務用体感ゲーム機「機動戦士ガンダム 戦場の絆(きずな)」は、2006年11月の本格的な稼働から約3年が経過した2009年でも高い人気を保ち続ける異例の製品だ。この製品がいかにして生まれたか。その開発経緯をひも解く。話は10年前の1999年にさかのぼる。

左上の写真は「O.R.B.S」の開発者たち。イラストはいずれもO.R.B.Sの開発途中のイメージ図である。
(写真:加藤 康、図:バンダイナムコエンターテインメント)
[画像のクリックで拡大表示]

 ゲームセンターやアミューズメントパークなどに設置される業務用(アーケード)ゲームの中で、ユーザーから絶大な支持を受けている体感ゲーム機がある。バンダイナムコゲームス(当時、現・バンダイナムコエンターテインメント)が開発した「機動戦士ガンダム 戦場の絆(きずな)」(以下、戦場の絆)である。

 その名の通り、1979年に放映が始まったテレビアニメ「機動戦士ガンダム」を題材にした。「P.O.D」と呼ぶコックピットのような巨大なドーム型筐体(きょうたい)に乗り込み、筐体内の球面スクリーンに映し出された映像を見ながら、人型の有人機動兵器「モビルスーツ(MS)」を操縦して遊ぶ。P.O.Dは他のP.O.Dと通信可能で、プレーヤーは「地球連邦軍」と「ジオン公国軍」の2チームに分かれ、仲間と協力しながら戦って互いのスコアを競い合う。

「機動戦士ガンダム 戦場の絆」のシステム
中央に写っている複数の大型筐体が「P.O.D」、左側がゲームデータを専用カードに記録する「ターミナル機」である。写真は、2009年8月21~23日に開催された「GUNDAM BIG EXPO」での関連イベントに設置されたもの。(写真:(c)創通・サンライズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 戦場の絆は、ここ数年停滞気味のアーケードゲーム市場にあって、2006年11月の本格的な稼働以来、異例のヒットになった。1セット(P.O.D4台とカードシステム用機器など)で約1400万円という高価な商品ながら、登場から3年で1000セット以上が全国のゲームセンターなどに販売された。

戦場の絆の人気ぶり
ゲーム市場全体はもちろん、アーケードゲームの市場規模もここ数年停滞している(左)。こうした状況下でも、戦場の絆はアーケードゲームの中で根強い人気を誇る。右は、ゲーム専門誌を出版するエンターブレイン(当時、現・Gzブレイン)発行の「週刊ファミ通」、2009年4月3日増刊号~9月10日号(集計期間は2009年2月2日~7月18日)が掲載した、「ビデオゲームTOP10」ランキングを基に日経エレクトロニクスが作成した。同ランキングは全国の協力店20店舗の2週間の売上高から算出している。
[画像のクリックで拡大表示]

 戦場の絆は、開発当初に練り上げた目標を忠実に守り続けて誕生した。この実現を技術面で手助けしたのは、旧ナムコが開発し、社内で「塩漬け」状態になっていた、ドーム型ゲーム機「O.R.B.S」だ。O.R.B.Sに導入された技術や開発経験などの再利用が、ドーム型筐体P.O.D、そして戦場の絆の成功につながったのである。

 全ての始まりは今から約10年前。O.R.B.Sの開発が始まる1999年春にさかのぼる──。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら