(写真提供:PSソリューションズ(中央))

家畜の活動や設備の稼働状況をIoT(インターネット・オブ・シングズ)センサーで計測、通信にはLPWA(ロー・パワー・ワイド・エリア)を使い、AI(人工知能)がデータを分析して家畜の体調を管理する。2019年、牛や豚、鶏を飼育する農家をITで支援する「畜産テック」が加速する。ベンチャー企業や大手企業が相次いで参入。シカやイノシシなど野生動物を食肉として活用するためにITを駆使する「ジビエテック」も進む。畜産テックの最前線に迫る。