米マイクロソフト(Microsoft)は米国時間の2019年10月2日、2枚のディスプレーを搭載し、折り畳んで利用できるAndroidスマートフォン「Surface Duo」を発表した。「Galaxy Fold」など1枚のディスプレーを折り畳めるスマートフォンの陰に隠れがちだが、実はひそかに2枚のディスプレーを活用したスマートフォンが増えている。その背景には何があるのだろうか。

米マイクロソフトが発表したSurfaceシリーズの新機種「Surface Duo」。2画面ディスプレーを搭載し、OSにAndroidを採用した。同社としては異色のデバイスとなる
(出所:マイクロソフト)
[画像のクリックで拡大表示]

マイクロソフトがAndroid端末を新投入

 米国時間の2019年10月2日、マイクロソフトが発表会を実施し、「Surface」シリーズの新機種などを発表した。英アーム(Arm)系のプロセッサーを採用した「Surface Pro X」や、2枚のディスプレーを搭載した「Surface Neo」など、新機軸を打ち出したモデルが多数登場した。その中でも異色の端末となったのが「Surface Duo」である。

 Surface Duoは、Surface Neoと同様に2枚のディスプレーを搭載したデバイスなのだが、大きな違いが2つある。1つはディスプレーサイズ。Surface Neoは9インチのディスプレーを2枚搭載した小型ノートPCサイズであるのに対し、Surface Duoは5.6インチのディスプレーを2枚搭載したスマートフォンサイズの端末となる。しかもヒンジが360度回転する仕組みであることから、2枚のディスプレーを開いて1つの画面として使用したり、1つの画面だけで使ったりすることも可能だ。

 そしてもう1つ、決定的な違いとなるのがOSで、Surface Neoは2画面ディスプレーに対応した「Windows 10X」を搭載しているのに対し、Surface Duoは米グーグル(Google)製のAndroidを搭載しているのだ。マイクロソフトはスマートフォン向けのOSからは実質的に撤退していることから、小型のデバイスを開発するに当たってAndroidを採用するに至ったのだろうが、やはりマイクロソフトが他社製のOSを採用したハードを提供するというのには驚きがある。

 Surface Duoの発表を受け、一部のメディアなどはマイクロソフトがスマートフォン市場に再参入したと伝えている。だがマイクロソフトはSurface Duoに関してあくまでSurfaceシリーズの1つであり、スマートフォンとしての機能は備えながらも、通常のスマートフォンとはやや異なるデバイスとして位置付けているようだ。

 それゆえSurface Duoにはグーグルのアプリだけでなく、マイクロソフトのアプリも搭載され、Windows PCや「Office 365」などのクラウドサービスと連携しやすい仕組みなども整えられると考えられる。発売が2020年末とやや先になることから詳細はあまり明らかにされていないが、自らのOSを搭載しないAndroidベースのデバイスでマイクロソフトがどのような取り組みを見せてくるかは注目されるところだ。