楽天は自社イベント「Rakuten Optimism 2019」で、2019年10月に子会社の楽天モバイルが参入する予定の携帯電話事業や、その後の5G(第5世代移動通信システム)への取り組みに関する講演や展示を実施した。具体的な発表こそなかったものの、楽天モバイルの携帯電話事業に関する新たな取り組みや、5Gでの注力分野などを見て取ることができた。

インドの成功事例を日本に持ち込みロケットスタート狙う

 2019年10月に携帯電話事業者として新規参入を予定している楽天モバイル。その親会社となる楽天は、楽天グループ全体のサービスや、今後の戦略などを一般ユーザーにアピールする大型自社イベント「Rakuten Optism 2019」を2019年7月31日から4日間にわたって開催した。

 イベントで実施された基調講演や展示には、楽天モバイルの携帯電話事業に関する内容も多く含まれていた。中でも注目されたのは、楽天の代表取締役会長兼社長である三木谷浩史氏の基調講演である。

「Rakuten Optism 2019」の基調講演に登壇する楽天の三木谷氏。「モバイルネットワークの民主化」をうたい、楽天モバイルでは高速かつ低価格のサービスを提供することを訴えている。写真は2019年7月31日の同イベントより(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 三木谷氏は講演の中で、楽天が携帯電話事業に参入した理由として「モバイルネットワークの民主化」を挙げた。参入によって月額約7000〜8000円が主流と言われるスマートフォンの通信料金を大幅に引き下げ、誰しもが高速なネットワークを安価に利用できることを目指すとしている。そしてその「民主化」の成功事例として三木谷氏が挙げたのは、インドの新興携帯電話事業者であるリライアンス・ジオ・インフォコム(Reliance Jio Infocomm)の携帯電話サービスである。

 同社は2016年にインドの携帯電話市場に新規参入。まだ2G(第2世代移動通信システム)の通信方式が主流だったインドにおいて、同社は当初から4G(第4世代移動通信システム)による高速通信サービスを月額約3ドルという極めて安価な料金で提供し、加入者を急拡大させた。約4年間で3億5000万もの加入者を集めたという。そうした事例を参考に、楽天モバイルは最新のネットワークで低価格のサービスを実現し、ロケットスタートを切って既存の携帯電話大手に匹敵するシェアを獲得したい考えのようだ。

 楽天モバイルは、そのリライアンス・ジオ・インフォコムで上級副社長を務めていたタレック・アミン氏をCTOとして採用。タレック氏の下、自社ネットワークの全てにネットワーク仮想化技術を導入するという新しい試みによって、最新の高速ネットワークによるサービスを低価格で提供する考えを示している。

楽天モバイルはインドで急成長したリライアンス・ジオ・インフォコムの事例を参考に事業展開しようとしており、同社の上級副社長を務めていたタレック・アミン氏がCTOに就任している。写真は2019年7月31日の「Rakuten Optism 2019」より(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら