将来のモビリティー(移動手段)として注目を集める「空飛ぶクルマ」。その実現に向けた動きが具体化している。クルマといっても自家用車のみならず、トラックやタクシーといった「働くクルマ」も電動化によって空を飛ぼうとしている。

 米国の大手ヘリコプターメーカーである米Bell Helicopter(ベルヘリコプター)は、自律飛行可能な電動の垂直離着陸(VTOL)機の実現に向けた動きを加速させている。同社は2018年10月、この分野における大手企業との協業を立て続けに2件発表した。

 1つは、フランスThales(タレス)との提携である。ベルは、VTOL機や、同機を利用した「エアタクシー」などの「オンデマンド・モビリティー(ODM)」に向けたフライト・コントロール・システムの開発で、フランスThalesと協業する(発表資料)。この提携には、パイロットが操縦するVTOL機に加えて、自律飛行タイプのVTOL機に向けたフライト・コントロール・システムを実現する狙いがある。

 ベルはかねて、将来の新たなモビリティーとして、エアタクシーや「空のライドシェア」に向けた電動VTOL機の開発に力を入れている。例えば、米Uber(ウーバー)が2023年に商用サービス開始を目指している空のライドシェア「uberAIR」に向けた電動VTOL機の開発で同社と協業している(関連記事)。

 タレスは、民間航空機や軍用機のアビオニクスや航空交通管理システムを手掛ける大手企業である。同社も、今後、急成長を期待できるVTOL機分野の研究開発に力を入れているという。プレスリリースの中で、同社 Canada's Aerospace DivisionでVice Presidentを務めるMichel Grenier氏は、「タレスは自律運転(飛行)の分野で主導的な立場にある」と自信を見せている。

ベルヘリコプターは、エアタクシー向け電動VTOL機の詳細をまだ公開していない。写真は、搭乗席周りのイメージである
(写真:ベルヘリコプター)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら