学生の売り手市場が続くなか、建設産業の人材獲得が一段と難しくなっている。「3K(きつい、危険、給料が安い)」や「ブラック」と形容される労働環境のイメージが根強く、魅力を感じにくい点が一因だ。日経 xTECHと日経コンストラクションでは、世間や業界内から見た建設産業のイメージを独自に調査。建設業界のイメージ刷新を図るための手掛かりを探った。