米国では最新のWi-Fi規格である「Wi-Fi 6」を導入し、IT(情報技術)設備やサービスを充実させるスマートスタジアム化の動きが目立つようになってきた。Wi-Fi 6の正式名称は「IEEE802.11ax」で、2019年9月に正式発表された。

 Wi-Fi 4(IEEE802.11n)と同じく、2.4GHzと5GHzの2つの周波数帯を利用できる。理論上の最大通信速度は、Wi-Fi 5(IEEE802.11ac)の6.9Gbps(ビット/秒)に対しWi-Fi 6は9.6Gpsと1.4倍高速だ。条件の良い状態で通信したときの実際のデータ転送量、実効スループットの一般的上限値においてもWi-Fi 5の800Mbpsに対して1Gps以上と1.2倍以上だ。

 さらに複数のアンテナを使い、同時に複数の端末と通信できる「マルチユーザーMIMO(MU-MIMO)」での最大接続数がWi-Fi 5の4台から8台と倍増。1チャンネルの帯域幅を複数ユーザーが分け合うことで、多くのデータを効率よく通信できるようにする技術「OFDMA(直交周波数分割多元接続)」も取り入れられている。このため混み合った環境でも安定した接続が可能となる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら