メルカリはJ1リーグの名門、鹿島アントラーズ・エフ・シーの経営権を取得し、スポーツビジネスに本格参入する。

 同社と日本製鉄は2019年7月30日、日本製鉄とその子会社が保有する鹿島アントラーズの発行済み株式72.5%のうち、61.6%をメルカリに譲渡する株式譲渡契約を締結したと発表した。譲渡金額は16億円。現在、公正取引委員会の審査中としている。

2019年7月30日に東京都内で開催された記者会見の様子。左から日本製鉄 執行役員の津加 宏氏、アントラーズ・エフ・シー代表取締役社長の庄野 洋氏、メルカリ取締役社長兼COOの小泉文明氏(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本製鉄は譲渡後も第2となる11%を保有する。そのほかは、ホームタウンである鹿行地域(鹿嶋市、潮来市、行方市など)の地方自治体が10.8%、その他企業が16.6%を持つ。メルカリ、鹿島アントラーズ、地方自治体が三位一体となって、スポーツビジネスの進化を目指す。

 鹿島アントラーズは1993年のJリーグ発足以降、リーグ優勝8回、AFCチャンピオンズリーグ優勝1回を含む20冠を達成したリーグ屈指のクラブである。スポーツビジネスの観点でも、スマートスタジアムへの取り組みや、健康・医療事業の展開、「アントラーズホームタウンDMO(Destination Management Organization)」の設立など、Jリーグクラブの先端を走る数々の取り組みを実践している。

 その視線の先にあるのは「世界で戦えるビッグクラブ」。2019年1月期の売上高は前期比約40%増の73億3000万円と好調だが、世界で戦うために売上高100億円規模への成長を目指している。

 メルカリは、このように世界を目指す鹿島アントラーズの姿勢に共感し、2017年にクラブオフィシャルスポンサー契約を締結した。さらに、自社が持つテクノロジーと事業運営ノウハウを提供することによって、鹿島アントラーズの経営基盤強化につなげられると判断したという。

成長のカギはテクノロジー

 今回の契約が成立後に、同クラブの代表に就任予定のメルカリ取締役社長兼COOの小泉文明氏は、経営参画の狙いとして「顧客層の拡大」「ブランド力の向上」「ビジネス機会の創出」を挙げた。

 メルカリの顧客層は現在、20~30代の女性が中心だが、男性や40代以上の層にリーチするのにサッカーは適したコンテンツであるという。また、起業して6年半と若いメルカリがブランド力を高めるのに、知名度が高く伝統もある鹿島アントラーズは格好のパートナーだった。

 そして新たなビジネス機会は、メルカリが持つテクノロジーを導入することで創出できるとした。同社は主力のフリマアプリ「メルカリ」のほかに、スマートフォン(スマホ)決済サービスの「メルペイ」を展開するが、「スタジアムでのグッズや飲食販売のキャッシュレス化、チケットのペーパーレス化、さらにVR(仮想現実)やAR(拡張現実)を使った観戦体験など、スポーツやエンタメを支えるテクノロジーは今後発展の余地が大きい。アントラーズのEコマース事業は毎年20%成長しているが、さらに伸ばせる可能性がある」(小泉氏)とした。

 鹿島アントラーズはNTTドコモと2019シーズンのクラブオフィシャルスポンサー契約を締結し、茨城県立カシマサッカースタジアムの「スマートスタジアム化」や「ホームタウン・フレンドリータウン活性化事業」などを推進している。「NTTドコモは5G時代を見据えた地域のデジタル化に取り組んでいる。メルカリとは得意とする領域が異なるので、両社でシナジーを創出できるのではないか」と、アントラーズ・エフ・シー代表取締役社長の庄野 洋氏は期待をかける

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら