2018年はアジアのクラブNo.1を決める「AFCチャンピオンズリーグ(ACL)」で初優勝、Jリーグでも最多の優勝回数8回を誇る鹿島アントラーズ。この名門は今、世界と戦えるクラブを目指し、デジタル戦略を強化やスマートスタジアム化を推進している。

 日経BPが主催したスポーツビジネスイベント「SPORTS Tech & Biz Conference」(2019年3月20日開催)では、鹿島アントラーズFC 事業部マーケティンググループ グループ長の春日洋平氏が、デジタル活用や未来への展望を講演で紹介した。

鹿島アントラーズFC 事業部マーケティンググループ グループ長の春日洋平氏
(写真:浅野智恵美)
[画像のクリックで拡大表示]
(編集部注) フリマアプリなどを展開するメルカリと日本製鉄は2019年7月30日、日本製鉄とその子会社が保有する鹿島アントラーズの発行済み株式72.5%のうち、61.6%をメルカリに譲渡する株式譲渡契約を締結したと発表した。メルカリが日本製鉄に代わって経営の舵取りをすることになる。

バイエルン・ミュンヘンが開幕7週間前に完売

 鹿島アントラーズのマーケティンググループには、「コンシューマ」「セールス」「広報」と大きく3つの軸があるという。コンシューマは“to C”で、チケットやファンクラブ、マーチャンダイズなどを行っている。セールスはスポンサーセールスやスポンサー協業、新規セールスなどを担う。

 広報は公式メディアの運営やプロパティの管理などを担っている。鹿島アントラーズではメディアチームを持っていて、インハウスで公式サイトやSNS、印刷媒体などを制作しているのが特徴だ。

 Jリーグクラブで唯一、ホームゲームの中継制作をクラブ内で行っている。また、戦略チームもあり、さまざまなスペシャリストたちが新規事業の設計やグローバル戦略、ブランディングなどを展開している。

 春日氏はマーケティンググループの今後の目標をこう語る。「やるべきことは、セールスという概念にとらわれず、クラブの売り上げを高めることです。将来的には販促活動を不要にするところまでクラブの価値を高め、“売る”という行為から“売れる”にシフトしていきたいという、強い思いがあります」。

 「フットボールにおいて、それはどういうことを意味するのか。例えば、2018年、ドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンは開幕7週間前にアウェイの試合も含め、全てのチケットを完売しています。このため、彼らはチケットの販促活動を年間通じてする必要がなくなった。一方で我々は、この部分に非常に多くのリソースを割かれています。彼らはそれが不要な分、スポンサーとの向き合い方やホスピタリティーの在り方など、より重要な部分にリソースを割けるのです」(同)

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら