「造船技術を応用してワイヤでピッチを持ち上げる『アリーナ兼スタジアム』を検討している」。Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)チェアマンの村井満氏は、スタジアム・アリーナのビジネス化を問われ、こんな構想を披露した。

 これは、「第2回 スポーツ ビジネス 産業展」(2019年2月27日~3月1日、幕張メッセ)にて開催されたセッションの一幕だ。「Jリーグ、Bリーグ、Vリーグ チェアマン対談 躍進する3リーグのトップが語るスポーツビジネスの展望 ~集客、エンタメ性の向上、会場、グッズに対する施策とは~」と題するセッションには、村井氏とともに、ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(Bリーグ)理事長の大河正明氏、日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ)代表理事会長の嶋岡健治氏の3名が登壇した。各リーグのトップが語るビジネス化への展望を紹介する。

写真左から、モデレーターを務めたTBSアナウンサーの土井敏之氏、Jリーグの村井満氏、Bリーグの大河正明氏、Vリーグの嶋岡健治氏
(写真:浅野智恵美)

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら