近年、試合中やトレーニング時に様々なデバイスを用いてアスリートのパフォーマンスを可視化する取り組みは、スポーツ界においては“常識”となっている。可視化したデータを基にしたトレーニングや戦術構築はパフォーマンスの向上を導くが、それだけでは十分ではない。解明を進めるべき未開の領域がまだある。「脳」「栄養」「睡眠」だ。

 日経BPが開催したカンファレンス「SPORTS Tech&Biz Conference」(開催は2019年3月20日)には、これらの分野の研究・開発を推進するリーダーたちが登壇した。アスリートのパフォーマンスを向上し得る“次のフロンティア“”と言える3領域でどのような取り組みがなされているのか。パネルディスカッションの要旨をレポートする。

一流と二流を分けるポイントは「脳」

 最初に登壇した柏野牧夫氏は、日本電信電話(NTT)のNTTコミュニケーション科学基礎研究所で「脳とスポーツ」の関係性について研究をしている人物だ。柏野氏は「一流のアスリートと二流のアスリートを分けるのは脳ではないか」と話す。

日本電信電話 NTT コミュニケーション科学基礎研究所 NTTフェロー・柏野多様脳特別研究室長の柏野牧夫氏。1989年東京大学大学院修士課程修了。博士(心理学)。 1989年日本電信電話(NTT)に入社、2018年、NTTフェロー。Wisconsin大学客員研究員、東京工業大学工学院情報通信系 特任教授、JST CREST 研究代表者等を歴任。専門は心理物理学・認知神経科学。平成28年度文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門) 受賞。著書に『音のイリュージョン~知覚を生み出す脳の戦略~』(岩波書店、2010)、『空耳の科学~だまされる耳、聞き分ける脳~』(ヤマハミュージックメディア、2012)他
[画像のクリックで拡大表示]

 「一流と言われるアスリートよりもフィジカル面で勝るアスリートは多くいます。それでもすべてのアスリートが一流にはなれません。その差を分けるのは、例えば相手の挙動を予測する能力や、相手の予測を外す能力、大舞台でも取り乱さず心身の状態を整理する能力などです」(柏野氏)

 つまり柏野氏は、脳こそがアスリートの一流と二流を分けていると言う。その詳細を解明するために氏が所属するNTTは2017年1月に、脳科学の進歩と、それによってアスリートのパフォーマンス向上を目指す「スポーツ脳科学プロジェクト」を発足。ソフトボール女子日本代表をはじめ、複数のスポーツチームと連携して研究を進めている。

 具体的には基礎的な実験やVR(仮想現実)を用いた計測に加え、アスリートの身体の動きなどを計測できる「スマートブルペン」という施設での実験、データ収集を目的とした実験用試合などを通じて脳に関する情報を集めている。そこで鍵となるのが「潜在脳機能」である。「無自覚的な脳の情報処理」を意味する造語だが、なぜこの言葉が重要なのか。

 「例えばボクシングでも野球でも、0.5秒以内にコトが起こります。それくらいの一瞬の間に色々な動きがありますが、アスリート本人はそれを自覚できていません。その無自覚的な部分が“潜在脳機能”であり、それを解明することこそが勝負の鍵を握っていると考えています」(柏野氏)

 潜在脳機能はウエアラブルセンサーやカメラを用いて定量的に観測すると同時に、心拍数や眼球の動きなどのデータも収集して計測するという。ただ、そうして読み取った潜在脳機能に関する情報を、そのままアスリートに伝えればいいというわけではない。むしろ、無自覚を自覚させることは危険性もはらんでいると柏野氏は指摘する。

 「アスリートに対して“一流選手の動きはこういう特徴がある”と伝えるのは可能ですが、我々はそれはやっていません。一流アスリートでも“なぜ自分がその動きをうまくできているか”を説明できないことも多く、むしろ自分でも説明できないような人ほど一流であったりします。そうした状況で、もともとできていない選手に対してデータだけを渡しても、できるようになるどころか、逆にパフォーマンスを下げてしまいかねないのです」(同氏)

 「ただ、潜在脳機能を計測していくと、野球のバッターで言えば“判断は良いがスイング速度が遅い”、“スイング速度は速いが判断が悪い”というようなタイプ分けがより客観的にできるようになります。そのような情報があれば指導者とのミスマッチを防げますし、指導者側もその情報を基にトレーニングやアドバイスの内容を考えられるようになっていきます。つまり、データに対するリテラシーを持ち、自分なりにデータを解釈した上でアスリートを上手に導ける人が名指導者と呼ばれるようになるでしょう」(同氏)

 脳の解析はアスリートだけではなく、指導者の向上にも貢献するのだ。

NTTスポーツ脳科学プロジェクトが取り組む実験。“実験”のみならず、“実践”の場でもデータを収集し、スポーツ×脳の関係性をひもといている
(図:NTT)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら