前回は、エクスプローラーを使ったWindows 7からWindows 10へのデータの移行方法を紹介した。ただ、Windows 7からWindows 10に環境を移行するなら、Windowsが持つバックアップ機能を使う手もある。

Windows 7の「バックアップと復元」はWindows 10で復元可能

 Windows 7は2種類のバックアップ機能を備えている。

 1つは、Windowsを丸ごとバックアップする「システム イメージの作成」だ。この機能はWindows 10でもコントロール パネルの中にある。ただし、この機能はシステムをそのままバックアップするので、復元されるのはWindows 7だ。そのため、データ単位での移行には使えない。

 もう1つは「バックアップと復元」だ。この機能を使うと、Windowsの「ドキュメント」や「デスクトップ」などのフォルダーや、ブラウザーの「お気に入り」、アプリケーションの個人設定ファイルといったほぼ全てのユーザーデータを、外付けHDDに一括バックアップできる。

 「バックアップと復元」はWindows 7以前の機能で、Windows 8以降は「ファイル履歴」という機能に置き換えられている。ただし最新のWindows 10でもWindows 7の「バックアップと復元」が残されている。そのためWindows 7の「バックアップと復元」で作成したユーザーデータをWindows 10に書き戻せるのだ。

 そこで今回は、「バックアップと復元」を使ったデータ移行方法を説明していく。

Windows 10の設定画面。「バックアップ」には「以前のバックアップをお探しですか?」という項目があり、ここの「[バックアップと復元]に移動(Windows 7)」をクリックすると、Windows 7と同じ「バックアップと復元」を起動できる
[画像のクリックで拡大表示]