削足適履(さくそくてきり)という四字熟語がある。「足を削りて履(靴)に適せしむ(合わせる)」と読み下し、強引に事を進めることを言う。今ではほとんど使われないが、全社的な業務改革や基幹系システムの刷新の際に、この言葉を使う経営者がいる。

 例えば日本航空(JAL)の植木義晴会長。植木氏は日経コンピュータの特集「JALの逆転劇」中のインタビューで、50年以上使い続けた基幹系システムを全面刷新した際の経営判断やリーダーシップを語っている。そのインタビューの詳細版が日経 xTECHに掲載されているが、植木氏が「靴に合わせよ」と言ったエピソードが登場する。

 スペインのアマデウスが提供する航空向けクラウドの全面採用に踏み切った際、植木氏は社内で次のように話した。「靴に足を合わせなさい、としつこく言いました。自分の足に靴を合わせたらあかんと。できものの靴に自分たちの足をどう合わせるか。規定だけではなく、考え方や仕事のやり方から変えていかないと」。

 靴とはクラウドのことであり、足は自社の業務のことだ。つまり「システムに業務を合わせよ」というわけだ。基幹系システムの刷新の際、日本企業の多くは既存の業務にシステムを合わせようとするが、それではプロジェクトの完遂は難しくなる。植木氏はそれを強く戒めたわけだ。

削足適履の本来の意味

 もっと強く「靴に合わせよ」と言ったのは中国の華為技術(ファーウェイ)の創業者、任正非CEO(最高経営責任者)だ。ファーウェイはネットワーク機器やスマートフォンを中心に急成長を遂げた。その軌跡を記した『最強の未公開企業 ファーウェイ』(東洋経済新報社刊)に、グローバル企業に飛躍するために実施した業務改革のエピソードが掲載されている。

 任氏は「我々は『米国の靴』を履く」と宣言したうえで、従業員に対して「自分の足を削って履物に合わせよ」と厳命したという。米国の靴とは、米国のコンサルティング会社などから学んだ経営管理手法であり、自分の足とはもちろん従来の業務のことだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら