「通気層の閉塞を防ぐには?」「雨漏りを招かない通気部材の納まりは?」。屋根断熱の結露トラブルを回避する秘策を、経験豊富な実務者と専門家に聞いた実践例から紹介する。

Q. 通気層の閉塞を防ぐには?
A. つぶれにくいスペーサーを使う

 トリプルエコ住宅という独自仕様で石川県のブランド認定を受けているあさひホーム(石川県小松市)は、母屋の間にはめ込んで通気層をつくる段ボール製のスペーサーを標準仕様に組み込む。採用しているのは福田温熱空調(石川県白山市)が開発した「通気遮熱FOボード」だ〔写真1〕。これに、現場発泡ウレタンを吹き付ける。

〔写真1〕段ボール製ボードを母屋に留め付ける
段ボール面を室内側に向けて下手の母屋で折り曲げ、上手の母屋に突き付ける。ボードは通気用にスリット加工を施し、遮熱用のアルミ蒸着シートを片側に張る。試験機関で透湿抵抗値が0.0013m2・s・Pa/ngであると確認しており、空気を通しやすい(写真:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]

 このスペーサーは垂木の間を丸ごと通気層にできるので、通気層を閉塞するリスクを避けられる。スペーサーと母屋の取り合い部に三角の隙間ができるため、空気を横方向に流す経路も得られる〔図1〕。

〔図1〕垂木を丸ごと通気層にする
通気遮熱FOボードが母屋の間と垂木の下に納まる様子。垂木が生む空間を丸ごと通気層にする。垂木と母屋の隙間に横方向の通気経路もつくれる(資料:福田温熱空調)
[画像のクリックで拡大表示]

 あさひホームでは母屋にシートを張って通気層をつくっていたこともある。同社の田中力営業課長は、「シートは柔軟なので大工は施工しやすいがウレタン職人は気を使っていた。ボードは大工もウレタン職人も施工しやすい点がよい」と話す。

 高断熱高気密住宅を得意とする建築設計事務所のスタイルワン(東京都武蔵野市)は、日本住環境(東京都台東区)が開発した「ルーフスペーサー」を使って通気層をつくることが多い。垂木間にはめ込むタイプだが、通気層をつぶれにくくする加工が施されている〔写真2〕。

〔写真2〕こぶ加工で通気層をつぶれにくく
スタイルワンが設計した住宅でルーフスペーサーを施工する様子。押してもつぶれないこぶ加工が施されている。通気層に必要な防風性能を試験機関で確認している。下は野地板側から見た説明図(写真:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]
野地板側から見た説明図(資料:日本住環境)
[画像のクリックで拡大表示]

 スタイルワンの吉岡未来専務は、「不織布でできていて、複雑な屋根でも施工しやすい。湿気を通しやすい点も建て主に気に入られる」と話す。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら